診療内容

 腎臓内科診療風景の写真腎臓病の初期から腎不全の末期に至るまで治療を行っています。
健診などで血尿や蛋白尿などの異常が見つかった場合、病的であるかどうか検査によって早期診断を行います。腎生検による組織診断が必要な場合は、産業医科大学腎臓内科へご紹介しています。腎生検による診断の後に専門的な治療の継続が必要な場合、当院でも副腎皮質ステロイドホルモンや免疫抑制薬などによる治療が可能です。
糖尿病性腎症に対しては、血圧コントロール、血糖コントロール、食事療法などを中心に治療を行っていきます。さらに合併症(動脈硬化、心臓、骨粗鬆症など)の検査も定期的に行います。
その他、薬剤性腎障害、腎実質性高血圧、高尿酸血症などによる続発性の腎障害が疑われた場合でも診療を行っていますのでご相談ください。
腎臓病は進行すると、将来的には透析などの腎代替療法が必要になります。できる限り腎臓病の進行を予防するために、定期的な外来通院治療が必要です。当院では通常の外来診療以外にも、病気の悪化時や心配事が生じた時などにも対応していますので、ご連絡・ご相談ください。


外来診察日程

 
午前中俣
(再診のみ)
中俣
(新患)
中俣
(再診のみ)
中俣
(新患)
中俣
(再診のみ)
休診・代診日時間帯内容担当医師
10月15日(火)午前休診中俣
10月16日(水)午前休診中俣
10月17日(木)午前休診中俣
10月18日(金)午前休診中俣
10月21日(月)午前休診中俣
※休診・代診の情報は、突発的な事情等により掲載できない場合がございます。ご了承ください。

担当医師

中俣 潤一(なかまた じゅんいち)部長
専門腎臓内科
所属学会 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本組織細胞化学会、日本臨床分子形態学会、日本解剖学会