診療内容

放射線科診断風景放射線科では、病気の診断や治療に必要な画像検査(レントゲン、マンモグラフィ、CT、エコー検査など)の診断を行っています。

CT検査(シーティー検査)

移動する寝台に寝た状態で全身の「輪切り」の画像を撮影する検査です。炎症や腫瘍、外傷など様々な病気の診断に有用で、1年間におよそ2,500人の方が受けられています。
当院では全ての検査を、厚さ0.5ミリ~1ミリという非常に薄い画像で撮影し、画像診断を専門とする放射線科専門医が、必要な検査すべてに立体的な3D画像を作成するなど、正確な診断に努めています。

超音波検査(エコー検査)

放射線による被ばくがなく検診でも行われる検査です。
当院では、腹部(脂肪肝、胆石、胆のうポリープ、腎結石、膵臓、腹部大動脈瘤)、乳がん、甲状腺疾患、足の静脈、関節・筋肉・腱、皮膚のしこりなど、1年間におよそ1,500人の方が検査を受けられています。

※上記いずれの検査も、受診したその日のうちに診断結果を主治医のもとに報告します。
※超音波検査(エコー検査)では、新規に最高性能の機器を導入・増設し、より精度の高い検査を今までより短い待ち時間で行えるようにする予定です。


診察日程

 
小坂小坂小坂小坂小坂小坂
休診・代診予定はありません。
※休診・代診の情報は、突発的な事情等により掲載できない場合がございます。ご了承ください。

担当医師

小坂 一英(こさか かずひで)部長
専門画像診断
所属学会 日本医学放射線学会、日本医学超音波学会
認定医等日本医学放射線学会専門医、検診マンモグラフィ読影認定医