地域医療連携室について

患者支援センター窓口の写真芦屋中央病院では、医療機関や介護福祉施設と連携を図り、それぞれの役割や機能を分担しながら、患者さんに適切な医療・介護・福祉サービスを提供したいと考え、そのための窓口として「地域医療連携室」を開設しています。また、退院に際しての在宅復帰支援や施設入所などの医療相談も行っております。患者さんのご紹介、医療や介護についてのご相談がありましたら、お気軽に「地域医療連携室」へご連絡ください。


紹介患者さんの受付(医療機関の方へ)

紹介患者さんの予約(外来受診、入院)手続きを行います。紹介元への返事を徹底します。
電話 093-223-0756(連携室直通) fax 093-223-0301(直通)
西村 晶子(地域医療連携室長兼看護師長)


総合相談窓口

患者さんやご家族からのご相談、苦情などに適切に対応する受付窓口として「総合相談窓口」を設置し、医療メディエータ-1名、看護師2名を配置しておりますので、ご遠慮なくご利用ください。

相談受付時間

月曜日から金曜日 8時30分から17時
土曜日 8時30分から11時30分
※原則として上記時間帯ですが、ご相談に応じて対応いたします。
ご相談の方は、1階受付窓口、又は病棟看護師へお申し出下さい。


退院支援

地域医療連携室 相談風景退院後の生活にお困りの方の相談をお受けしています。(入院患者さんが安心して在宅復帰できるようサポート致します。)

  • 在宅療養についての相談・指導
  • 介護に関する相談
  • 訪問看護、訪問リハビリの利用に関する相談
  • 入院患者さんの退院調整
  • 退院に向けての後方施設・サービス・在宅ケア機関との連携・連絡

主治医や病棟看護師・コメディカルと連携を図りながら退院調整致します。
いつでもお気軽にご相談下さい。
また、併設の居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション・訪問リハビリとも連携を図ります。

担当者

西村 晶子(地域医療連携室長兼看護師長)
古家 紀子(社会福祉士)
松尾 裕紀子(社会福祉士)