皮膚科・形成外科について

私たちの身体を覆う皮ふは、成人で面積が約1.6平方メートル、重量は体重の約16%を占める人体最大の臓器といわれています。
皮膚科・形成外科では体表面、すなわち皮膚だけでなく、髪の毛や爪も含めて頭のてっぺんから足の先までに生じる疾患を対象に診療を行います。具体的なものとしては、湿疹やじんま疹といったかゆみを伴う疾患、巻き爪やタコ・魚の目などの足に生じる疾患、ほくろやいぼなどの皮膚に生じるさまざまな腫瘍(できもの)、さらに床ずれや糖尿病性潰瘍といった慢性創傷(治りにくいきず)が皮膚科・形成外科の診療範囲に含まれます。
気になることがあれば遠慮なく受診いただきますよう、お願い申し上げます。

特徴

ただ単に「痒みを止める」「タコを削る」といった治療を行うだけでなく、なぜそうなるのか、どうすれば再発しにくいのかといったことまで考え、それぞれの患者さまに対して生活指導までを含めたより良い治療を提供するよう心がけています。また、皮膚科・形成外科双方の観点から、軟膏治療から手術治療までさまざまな手技を用いた治療が可能です。

外来診察日程

 
午前石井
(第2・4)

午後石井
(第1・3・5)
休診・代診予定はありません。
※休診・代診の情報は、突発的な事情等により掲載できない場合がございます。ご了承ください。

担当医師

石井 義輝(いしい よしてる)
専門資格日本形成外科学会専門医/日本創傷外科学会専門医/日本抗加齢医学会専門医/日本褥瘡学会認定師(医師)/日本下肢救済・足病学会認定師(医師)/日本医師会認定産業医
所属学会日本皮膚科学会会員/日本美容外科学会会員