言語聴覚療法について

コミュニケーションをとること、食べ物を飲み込むことなどは、日常生活を送るうえで欠かす事はできません。これらに、問題のある場合において、支援をおこなう専門家が言語聴覚士です。

言語聴覚療法では、音声・言語障害、嚥下障害の機能回復を目的とし、それに必要な検査、評価に基づいた訓練・指導・助言を行います。

音声・言語・嚥下に問題のある方がより良い生活を送ることができるように支援いたします。

当院における言語聴覚士の対象となる障害

  • 音声障害
  • 構音障害
  • 高次脳機能障害(失語症を含む)
  • 摂食嚥下障害