発熱のある患者さんへの対応について(発熱外来)

当院では新型コロナウィルスへの対応として月曜日から金曜日の午前(9時~12時)・午後(14時~16時)で発熱外来を設置いたします。発熱がある方については、正面玄関にて問診を行い、感染防止の観点から一般診療と区分し、外周を回り救急外来へご案内いたします。ご来院の方にはお手数おかけしますが、ご理解とご了承を頂きますようお願いします。

発熱のある方は必ずマスクを着用の上、可能な限り自家用車でご来院ください。

高熱がある方に対し、以下の対応をいたしますので、ご協力をお願い致します。

国の定めた以下の症状がある方

①および②に該当する方は来院前に帰国者・接触者相談センターへご相談ください。
 ① 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日間以上続いている
 (高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患がある、人工透析を受けている、免疫抑制剤や抗がん剤を使っている方は2日以上
 ② 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある

その上で、一般病院での診察が指示された場合は当院へご連絡頂き、職員へご相談ください。

その他の高熱がある方

風邪症状がある、高熱が出た等の症状の場合(症状は続いていない)
正面玄関にて発熱のある方をトリアージ(発熱者の選別)しています。来院前に事前に測った体温をお知らせください。また、マスクの着用と、可能な限り自家用車での来院をお願いします。

その他、新型コロナウィルスに関する一般的な問い合わせについては福岡県庁の相談窓口へご相談ください。